トリキュラーと女性
避妊成功確率約100%の低用量ピル(OC)の基本情報を記載しています。避妊効果や月経困難症などへの効果と影響及び副作用などピルの様々な特徴に加え、お得になる購入方法にも言及しています。

低用量ピルによる血栓症の発症リスク

女性の避妊や月経困難症の改善、月経前緊張症の改善など、低用量ピルの効果は様々です。
女性ホルモンの分泌量を抑えて女性特有の辛い症状を和らげることができ、生理周期を整える働きがあり、婦人科での治療にも利用されています。しかし、薬なので人によっては副作用があり、静脈血栓症の死亡例も報告されています。

低用量ピルを使用した人の副作用については、症例も発表、分析されています。
中でも、低用量ピルを使用していない人の静脈血栓症発症リスクは、10,000人に1-5人であるのに対して、服用者のリスクは3-9人になります。死亡例についても、カナダ産婦人科学会によれば、低用量ピルを服用していない人の静脈血栓症の死亡率は、100人に1人、服用している人については、3-9人となっています。

低用量ピルの1周期=4週間についても、この静脈血栓症の発症リスクが関連していると言われています。服用の仕方として、この1周期、あるいはこれ以上の休薬期間を経てから服用を再開すると、静脈血栓症の発症リスクが高まるとも見られており、中断はしない方がよいと言われています。更に、肥満症、喫煙者、高齢者が服用すると、発症のリスクも高まると見られていますので、服用の際には各自の注意も必要となります。

低用量ピルを服用中に激しい腹痛や胸痛、むくみ、息苦しさ、頭痛など、普段と違った症状が現れたら、すぐに服用を中止してすみやかに医師の診断を受けるようにしましょう。そして、ピルを服用する時には医師の診察に従って、決まった量を決まった用法で服用するのが大切です。低用量ピルを服用する前に、婦人科・内科などの医師と、自分の健康状態についても十分に相談し、服用する事が重要です。

また、ピルの服用には性行為のタイミングも重要です。そのタイミングを逃さないために、早く手に入れる必要も出てくると思います。そんな時は、個人輸入代行の通販が有用です。但し、健康に対する自己責任が大きくなりますので、初回のご利用は控えた方が良いでしょう。おすすめの低用量ピルはヤスミンですが、病院処方は認可の関係で困難なのでヤスミンの避妊効果を通販で確認することになるでしょう。

関連記事はこちら