トリキュラーと女性
避妊成功確率約100%の低用量ピル(OC)の基本情報を記載しています。避妊効果や月経困難症などへの効果と影響及び副作用などピルの様々な特徴に加え、お得になる購入方法にも言及しています。
妊婦

低用量ピルが先進国女性の間で人気の理由

低用量ピル(OC)とは、正しい服用でほぼ100%と言われる避妊効果がある薬です。女性自身の意思で避妊することが出来、また生活改善にも役立つため、「ライフデザインドラッグ(薬)」とも呼ばれています。
低用量ピルには、月経不順・月経痛等の月経関連の悩み解消、月経量減少化、月経予定日のコントロールが可能といった作用もあります。月経の影響による体調不良、子宮内膜症予防など、女性が毎日快適に過ごすための手助けもしてくれます。
現在、世界では1億人以上のピルユーザーの女性がいます。海外の先進国では、この低用量ピルは標準的な避妊法のとなっていますが、ヨーロッパを始めとする国の20代女性の約半分以上が低用量ピルを服用していて、さらにその約80%は避妊目的以外の理由で利用していると言われています。たとえば、女性アスリートの多くが低用量ピルを利用している事実もあります。ドイツ・イギリスでは10代女性には無料で処方されていて、ドイツでは妊娠可能年齢女性の約58%が低用量ピルを服用していると言われています。女性が低用量ピルを服用することを国において推進しているのです。

低用量ピルには、エストロゲン(卵胞ホルモン)と、プロゲステロン(黄体ホルモン)という、二つの女性ホルモンに似た成分が配合されています。服用をすることで、体内では、エストロゲンとプロゲステロンが分泌されている状態になります。これは、妊娠しているときと、同じホルモンバランスです。その様な状態になると、脳は自分が妊娠をしていると勘違いをします。そのため、次の排卵を起こすこともなくなります。低用量ピルを飲んでいる間、排卵は起こらず生理もとまりますが、服用をやめれば、生理が再開します。

但し、妊娠の可能性がある人、授乳中で35歳以上かつタバコを15本以上/1日吸う人、思春期前の人、高血圧や不正出血・血栓症の疑いのある人は服用することは出来ません。
日本における処方方法は、診察が必要となりますが血圧や体重測定などのみで内診はなく、価格も約2,000円~3,000円/1ヵ月分ほど(保険不適用)ですので、日本の女性も低用量ピルに対する正しい知識を持って、欧米先進国の女性たちと同様にその恩恵に預かることは大きなメリットとなるでしょう。

関連記事はこちら