トリキュラーと女性
避妊成功確率約100%の低用量ピル(OC)の基本情報を記載しています。避妊効果や月経困難症などへの効果と影響及び副作用などピルの様々な特徴に加え、お得になる購入方法にも言及しています。

ピルのスタートは婦人科から

ピルには、女性の卵胞から作られる卵胞ホルモン(エトロゲン)と黄体ホルモン(プロゲストロン)が含まれています。これらのホルモンを微量に飲むことによって、妊娠を防いだり、生理に伴う様々なトラブルを防ぐことができます。
ピルをスタートする目的は、避妊の人が多いのですが、その効果は避妊以外に月経痛や月経前症候群を軽くすることやニキビや多毛症の改善や生理不順の改善や月経スケジュールの調節があります。その他低用量ピルを長期間飲み続けると、卵巣がん、子宮体がん、子宮内膜症、乳房良性疾患が減る効果があります。
ピルは1999年から国内販売されるようになりましたが、日本では妊娠可能女性の3%しか服用していません。避妊具はコンドームを使用するもので、薬に頼るものではないと言う偏見も未だありますし、副作用が大きいという不安もあります。
また、低用量ピルを使用すると、体内のホルモンバランスが少し変わり短い期間ですが、その状態に体が慣れるまでに、頭痛、吐き気、出血、乳房痛が起こります。もし長く続くようでしたら処方をしてもらった医師に相談をしてください。

また、最初のうちは婦人科、または産婦人科で処方をしてもらうのをお勧めします。
1シート2000円から3000円です。保険がききませんので高価と思われますが、病院で処方してもらう事が何かあった場合相談に乗ってもらえるので一番安心です。
個人輸入で安価に手に入れることができますが、もし、何かあった場合、個人輸入は自己責任になります。ピルに21錠タイプは全て実薬ですが28錠タイプは21錠は実薬7錠は飲み忘れを防ぐために偽薬です。避妊のために飲むのであれば、生理の始まった日から飲みはじめると、その日から避妊の効果はあります。24時間以上飲み忘れると避妊の効果は落ちますが12時間から24時間の間は、飲み忘れに気がつくと、すぐに飲み翌朝また飲むと効果は続きます。

関連記事はこちら