トリキュラーと女性
避妊成功確率約100%の低用量ピル(OC)の基本情報を記載しています。避妊効果や月経困難症などへの効果と影響及び副作用などピルの様々な特徴に加え、お得になる購入方法にも言及しています。
低用量ピルのイラスト

トリキュラー21と28はどこが違う

トリキュラーをはじめとする、一般的な低用量ピルは、体への負担もなく、正しく服用すれば、ほぼ完璧に避妊効果が得られます。
そして、妊娠したいときには、お薬の服用をやめさえすれば、生理周期も28日と安定しますので、妊娠に備えることもできます。1日に一回服用するだけなので、寝る前など、決まった時間を設定してしまえば、飲み忘れるなんてこともないですし、粒も小粒で飲みやすいので、錠剤が苦手という方でも無理せず、続けられます。トリキュラーは婦人科などの医療機関にて処方されることにより、入手することができます。

トリキュラーの種類は、トリキュラー21とトリキュラー28の二つに分かれており、いずれも薬の成分は同じなのですが、最後の7日間が違います。
簡単に説明しますと、三種類のお薬を順番に毎日1錠ずつ、決まった時間に服用し、21日経過した時点で、トリキュラー21は、7日間服用を止めたのち、また同じ時間に服用します。その間生理がくる形となります。トリキュラー28の方は、初めの21日間はトリキュラー21と同じように服用しますが、その後は疑似薬といって、成分が含まれていない偽物のお薬を服用します。これを7日間服用することにより、21のように、休薬したのと同様の効果が得られます。また、28はずっと飲み続けられますので、飲み忘れるというリスクも減らせます。初心者の方や休薬期間の飲み忘れが心配な方には28がおすすめですし、少しでも服用する錠剤を減らしたいという方には21がおすすめといえます。

トリキュラーはインターネットなどを利用して通販で購入することが出来ます。その際は使用上の注意をよく読み、手順をしっかりと守ることで高い避妊効果を得ることが出来ます。また避妊が目的でなく、生理痛を軽くしたい、生理による貧血の改善を目指したい等、女性特有の悩みに効果を得ることも出来ます。また、副作用が少ない避妊薬とはいえ、個人差がありますので、用法容量には十分にお気を付けください。また、お薬なので、飲み合わせの悪いものもございますので、そちらも担当医師の指示に従って服用くださるようお願いします。

関連記事はこちら